肝機能障害

オルニチンと肝臓

肝機能障害

肝臓は症状が悪化していても、自覚症状が少ない事でしられており、健康診断などで検査しないと発見が遅れるとされています。肝臓の症状が本格的に悪化している場合、体内の解毒作用が機能しなくなってしまうので、黄色く肌が変色したり免疫力が低下して合併症を招くとされています。

肝機能は老化が原因で衰えてしまうだけでなく、長い間にわたってアルコールをたくさん飲んでいたり、病気に気付かず肝細胞が減少してしまう事でも衰えます。衰えた肝臓は繊維細胞が増殖していき、徐々に肝硬変となって、全く肝臓が機能しなくなってしまいます。

肝機能障害にはいくつか種類があり、急性で発症する急性肝炎の場合一気に症状が悪化しますが、その分早期に対処すれば、すぐに幹細胞が再生して回復しやすいとされています。しかし、慢性肝炎の場合症状が徐々に悪くなっていくので、治療が遅れてしまいがちで、肝臓の細胞が繊維化してしまい、回復が難しくなってしまいます。

肝機能障害の主な原因は、アルコールの慢性的な過剰接取で、肝機能はアルコールの接収に反比例して悪化していきます。アルコールをたくさん飲んでいると、中性脂肪が肝臓にたまっていき、脂肪が肝臓に溜まった状態の脂肪肝となってしまいます。

肝機能障害には、ウィルス性の肝炎もあります。肝炎はウィルスの種類によっては慢性肝炎となってしまい、特にC型肝炎は現代医学では完治は難しいとされています。このようなウィルス性の肝炎は、血液感染などで感染するとされています。