肝臓と食生活

オルニチンと肝臓

肝臓と食生活

肝臓は生命に必要な解毒作用や、エネルギー生成を行う働きがあり、毎日休むことなく活動しています。この為、肝臓の健康を守るためには、普段から肝臓をいたわってやることが大事で、食事などの日常生活では十分注意が必要です。

肝臓に負担をかけないようにする為には、暴飲暴食をしないよう腹八分目を心がけ、洋食やファーストフードなどの脂っこい食事は避けて和食などヘルシーな食事を心がけるなどの、基本的な食生活が重要であるとされています。

また、寝る直前は肝臓だけでなく胃にも負担となるので、なるべく寝る3時間前には食事を控えるようにしましょう。これらの日常生活における肝臓の酷使は、1日1日の単位では気付きませんが、毎日これらを繰り返していると、肝臓に大きな負担をかけることになり、神経や血行が上手く流れなくなり、身体全体に障害が発生してくるようになります。

また、肝臓は解毒作用を行っているので、なるべく解毒が必要となるものは、体内にいれないようにすることが重要です。例えば、食品添加物などは、体内で解毒が必要になるので、多く含まない無添加の食品をなるべく食べるようにしたり、サプリメントやお薬といった一見体によさそうものも、大量に摂取すること含まれている毒素が大量になるので、身体が負担とならない様な量を心掛ける事が大事です。

また、汗をかくようにして解毒した老廃物を、いつまでも身体に溜めこまないようにする事も、肝臓をいたわる上で重要です。