肝臓とタウリン

オルニチンと肝臓

肝臓とタウリン

肝臓の働きを助けるものには、オルニチンの他にタウリンも知られています。タウリンとは、主に魚介類に多く含まれている成分です、血圧やコレステロール、また血糖値を調節する事でしられています。

タウリンは全身に存在しますが、特に、筋肉や肝臓などの臓器に高濃度で存在します。タウリンには、細胞の状態を正常な状態に戻そうとする働きがあり血圧が高くなっている場合は血圧が下がるように作用し、肝臓の働きが衰えている場合は、肝臓の機能を助けるような働きを行います。

タウリンには、胆汁の分泌を促して肝臓の働きを助ける効果があり、傷ついた肝細胞の再生を促して、肝臓の働きを安定させることがわかっています。肝臓で分泌されている胆汁は、血中のコレステロールを下げる働きがあり、タウリンを積極的に摂取することで、コレステロール値を下げて、動脈硬化などを防いでいます。

また、タウリンには糖の濃度を下げるインスリンを分泌させる働きもあり、肝機能の低下で糖尿病などの心配がある人は、タウリンの積極的な摂取が望まれます。

タウリンはアルコールの分解を促すとも言われており、大量にアルコールを摂取して通常の肝機能では解毒しきれない場合に、アルコールの分解を促して無害にし、身体の負担を減らして二日酔いなどの症状を予防することがわかっています。タウリンは肝臓に溜まった脂肪の排出も促すので、近年患者が増えている脂肪肝の予防にも効果が期待されています。