肝臓とアラニン

オルニチンと肝臓

肝臓とアラニン

肝臓の働きを助けているのは、オルニチンだけではありません。非必須アミノ酸のであるアラニンには、オルニチン同様に肝臓を動かすエネルギーとして働きます。肝臓には、生命活動に必要な様々な働きがあり、アンモニアやアルコールの分解を促すだけでなく、ブドウ糖をグリコーゲンに変えてエネルギーを生み出す働きなどもあります。

肝臓が糖の分解をおこなってエネルギーを生み出す場合、体脂肪として体内に蓄積した脂肪分が分解され、このときグルカゴンという脂肪燃焼効果を促進する成分が分泌されます。この為、肝臓の機能を活発化させる事は、脂肪燃焼を促進する事になります。

また、脂肪を燃焼するだけでなく、免疫力を強化すしたり血圧が上昇しないように、抑える働きもあるとされています。この働きを促進しているのが、非必須アミノ酸のアラニンで、アラニンが体内に不足していると肝臓の機能が低下するので、お酒にも弱くなってしまい二日酔いや肝障害を引きおこすとされています。

また、アラニンが不足すると、糖代謝が肝臓で活発に行われなくなるので、脂肪が溜まりやすく燃焼されにくくなってしまいます。 アラニンは非必須アミノ酸であり、体内で必要な分は作られるので、サプリメントでアラニンを過剰に摂取してしまうと、血圧が下がり過ぎてめまいなどの症状が発生するとされています。

しかし、体内で十分な量が生成されなくても、肝機能が低下してしまうので、バランス良い食事を心がけて、食事で補うようにしましょう。アラニンは、特にホタテやシジミなどの魚介類に豊富に含まれています。