肝臓とは

オルニチンと肝臓

肝臓とは

肝臓は人間の内臓器では最も大きく、体重の2%を占めるとされています。肝臓は左右で1つずつ存在し、万が一片方が機能しなくなっても、残りの方でカバーするコトが出来るとされています。

肝臓ではアルコールやアンモニアなどの有害物質を解毒したり、胆汁を作ったりしています。この他にも血液の量を調節したり、免疫を強化して身体を丈夫にする働きがあります。肝臓は多少障害や病気があっても、自己再生能力でカバーすることができ、症状が進行して末期になるまで自覚がないことから沈黙の臓器と呼ばれています。

この肝臓の自己再生能力は、人間の臓器の中で持っているのは肝臓だけで、全体の3/4が機能しなくなっても問題がないとうほど、肝臓は再生力に優れた臓器なのです。

しかし、半永久的に自己再生することができる訳ではなく、毎日大量に飲酒していたり、加齢で機能が低下するなどして肝臓が弱っていくと、再生力がおいつけず肝臓の機能や細胞が破壊されてしまいます。肝臓が破壊されると硬く変質していき、肝硬変といった重病に進行してしまうのです。

肝臓は胆のうと膵臓という臓器と連結しており、3つの臓器で1つとなっています。胆のうは、肝臓が作った胆汁でコレステロールを消化してエネルギーに変え、すい臓は血液中の糖の濃を調節しています。この為、肝臓が機能しなくなると、残りの2つの機能も失われてしまい、身体に毒素やコレステロール、糖が溜まってしまい、体調を悪くしてしまった り志望してしまう事もあります。