オルニチンと疲労回復

オルニチンの効果

オルニチンと疲労回復

年齢をます毎に、日々の疲れを感じやすくなっており、1日の疲れも取れにくく疲れが蓄積しやすくなっていきます。疲労の原因は人によって様々ですが、年をとった事で疲れやすくなっている原因は肝機能の低下が考えられます。

肝臓は解毒作用を行っている重要な器官で、肝機能が低下すると疲れやすくなったり、疲れが残ってしまい、寝ても回復できなくなっていきます。肝臓は有害物質の解毒を行いますが、有害物質が身体に蓄積していくと、疲労しやすくなっていきます。

また、有害物質が蓄積するとストレスを感じやすくなるので、不眠や食欲不振などの原因になり、疲れが取れにくくなるとも考えられます。オルニチンを摂取することで、蓄積した疲労やストレスを減少させることができ、質の良い睡眠がとれるようになります。また、食欲も出てくるので、身体に不足していた栄養が補給されて、活動的になることができます。

オルニチンは毒素の排出を促すだけでなく、ストレスなどのメンタルなマイナス要素を軽減するので、心身ともに疲労回復が行えるとされています。 アンモニアなどの毒素は、血液によって脳などの全身をめぐるので、アンモニアが蓄積すると疲れやすくなるだけでなく、エネルギーも作り難くなり、思考も低下していきます。

肝臓には神経がないので、機能が弱っていても自覚症状を持っている人はほとんどいません。そのため、肝臓は悪化してから疾患が見つかるといわれており、オルニチンを日常的に摂取して、肝臓がダメージを溜めにくくすることも必要です。