オルニチンと育毛効果

オルニチンの効果

オルニチンと育毛効果

特に男性の場合、中高年になってくると薄毛に悩む人が多いかと思います。男性ホルモンの影響やストレスなど、薄毛の原因は様々にあるので一概には言えませんが、原因の一つとして成長ホルモンがあります。

成長ホルモンの分泌が減少すると、薄毛の原因となるので、オルニチンを摂取して成長ホルモンの分泌を増やすことで、薄毛の対策をすることができると考えられています。オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す効果があり、加齢によって減少する成長ホルモンの分泌を増やすには、オルニチンやアルギニンといった成長ホルモン誘導体を摂取する必要があります。

成長ホルモンの分泌をオルニチンやアルギニンで促進することで、髪の毛の主成分であるコラーゲンが生成され、育毛効果や発毛効果が期待できます。オルニチンはしじみなどの食品からも接取が可能ではありますが、アルギニンと違ってオルニチン自体はタンパク質は構成しないので、食事で十分な量を摂取するのは難しいとされています。

また、体内に摂取されたオルニチンは、全て成長ホルモンの誘導体として利用される訳ではありません。食事でわずかに摂取できるオルニチンは、主に肝臓の解毒作用に利用されてしまうので、確かな育毛効果を得るためには、サプリメントなどで効果的にオルニチンを補うのがいいでしょう。

成長ホルモンは、基本的に睡眠中に分泌されるので、オルニチンの摂取と十分な睡眠をとって、育毛していくようにしましょう。