オルニチンとアンチエイジング

オルニチンの効果

オルニチンとアンチエイジング

オルニチンには色々は効果が期待されていますが、特に美容やアンチエイジングに対する効果が期待されています。

ポリアミンは細胞の分裂や代謝を促したり、タンパク質の生成を誘導する物質で、アンチエイジングに大きな効果を与えるとされていますが、このポリアミンはオルニチンから作られています。

オルニチンを積極的に取り入れて増やすことで、オルニチンがポリアミンに変換されて、肌や体などの細胞が生まれ変わって若さを保つよう促すことになるのです。特に、肌の細胞はターンオーバーという一定の周期で代謝が行われていますが、ターンオーバーは加齢によって周期が遅れてしまい、肌の老化の原因となってしまいます。

ターンオーバーは成長ホルモンによって行われますが、基本的に25歳ごろから、体内で自然に作られる成長ホルモン量は低下していき、25歳ごろはお肌の曲がり角といわれ、老化が急激に進行していきます。

しかし、オルニチンから作られるポリアミンは、成長ホルモンの分泌を促すので、衰えたターンオーバーを正常に戻してくれ、アンチエイジングを行うことができるとされています。オルニチンを増やしていく事で、成長ホルモンをうまく分泌させてアンチエイジングや美肌に効果を得る事が出来るのです。また、肌等の美容面だけでなく、オルニチンの摂取によって、全身の細胞の代謝を促す事ができるので、老化で衰えた内臓などの機能も活発化する事ができ、健康面におけるアンチエイジングも期待できます。