オルニチンの副作用

オルニチンの基礎知識

オルニチンの副作用

オルニチンは体内にも存在する成分であり、食事などでも摂取が難しい栄養素なので、オルニチンの過剰摂取によって中毒などになる可能性は非常に低いです。オルニチンを摂取しても、肝臓などでどんどん利用されていってしまうので、体内に蓄積することもないとされています。

オルニチンに限らず、サプリメントなどを利用する場合は、その副作用が気になりますが、オルニチンの場合このように体内では不足していることが多く、副作用の心配はまずないと言えるでしょう。

これまで、オルニチンは日本だけでなく世界で長くに渡って食べられてきており、サプリメントや医薬品として利用される事が多いですが、完全に安全であると言い切れる訳ではありません。用法を守っていてもアレルギーなどで気分が悪くなってしまったり、体調を崩してしまう事もあるので、万が一体調を悪くする場合は、身体にいいとしても使用は控えるようにしましょう。

特に、妊婦や授乳している場合は、特に影響はありませんが、担当の医師にオルニチンを摂取している事は伝えておきましょう。オルニチンに限らず、アミノ酸のサプリメントは過剰に摂取すると、お腹がゆるくなるとされています。この為、用法を守らないとお腹に症状がでるといわれています。

また、非常にまれな場合ですが、 先天的にオルニチンにアレルギーを持つ場合があり、オルニチン濃度が体内で高まるとアレルギー反応が起こってしまう人もいるとされています。 基本的には、オルニチンは副作用ないので、安心して摂取するようにしましょう。