オルニチンとカルニチン

オルニチンの基礎知識

オルニチンとカルニチン

オルニチンは血中に存在する遊離アミノ酸で、アルギニンのように成長ホルモンの分泌を促して、美容や健康に関係します。オルニチンは必須アミノ酸のアルギニンの働きを高めるとされており、オルニチンはアルギニンと一緒に摂取して基礎代謝を高める事で、肌の代謝を促進したり、ダイエットにも効果があるとされています。

カルニチンとは脂肪燃焼に関係があるビタミン様物質であり、アミノ酸のリジンが変質でできたものです。主に、筋肉に存在しており、体内に蓄性した脂肪を筋肉に誘導して燃焼を促す働きがあります。

脂肪を燃焼してエネルギーに変えるには、カルニチンの誘導が負不可欠とされていますが、カルニチンは加齢と共に体内での生産が減少してしまいます。この為、カルニチンの生産量が減少していき、年齢と共に体内の代謝が悪くなって、若いころと同じような生活をおくっていると、中年太りとなってしまいます。

運動をする前にカルニチンを摂取して脂肪が燃焼しやすくなるようにし、運動した後にオルニチンを摂取して、疲労した筋肉の回復を促したり、運動で破壊された筋肉組織の再生を促進するのがいいとされています。

オルニチンのサプリメントは、二日酔いなどの解消に使用するのがいいとされがちですが、代謝を上げる効果もあるので、ダイエットを目的とした使用も進められています。また、オルニチンを単体で摂取するよりは、カルニチンやアルギニンのように他のサプリメントと上手く合わせることで、互いに効果を高めることができます。