オルニチンとアルギニン

オルニチンの基礎知識

オルニチンとアルギニン

サプリメントとして知られているオルニチンですが、アルギニンと一緒に摂取する事で、より効果が高まる事がわかっています。アルギニンはオルニチンと同じアミノ酸ですが、オルニチンのような血中に存在する遊離アミノ酸とは違い、アルギニンはタンパク質の材料となる必須アミノ酸です。

アルギニン等の必須アミノ酸は、タンパク質を構成して身体を構成します。この為、必須アミノ酸が不足すると、細胞が新しく生まれ変わらなくなってしまい、身体が疲れやすくなったり免疫力の低下がみられたりするようになってしまいます。

対する、遊離アミノ酸は普段は血中にとけこんで体内を循環し、アミノ酸が不足している場合は補うように働いたり、肝臓や筋肉などの働きを助けたりしています。必須アミノ酸と遊離アミノ酸という違いがありますが、オルニチンとアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

成長ホルモンは子供が成長する際に必要であると考えられていますが、大人であっても細胞をあたらしくする為には、成長ホルモンの働きが重要になります。また、成長ホルモンは肌の代謝を促して若々しい肌を保ったり、筋肉の働きを発達させて脂肪の燃焼を促してダイエット効果を高めてくれる働きもあります。

オルニチンをサプリメントで毎日補うだけでも、健康促進や美容効果が期待されますが、アルギニンも一緒に摂取する事で、相乗効果により効果が高まるとされています。オルニチンが不足すると必須アミノ酸のアルギニンの低下にも関係するとされており、バランスよく補っていく事が求められます。