オルニチンサイクル

オルニチンの基礎知識

オルニチンサイクル

オルニチンサイクルとは、肝臓でオルニチンが機能する回路をいいます。オルニチンは血中で不足したアミノ酸の代わりになって作用する以外に、肝臓でアンモニアを解毒する代謝にも関係しています。

この代謝サイクルをオルニチンサイクルといい、肝臓の機能でかかすことのできない働きを行っています。オルニチンサイクルでは、アンモニアの解毒を促進する働きがあり、体内のアンモニアを減少させてエネルギーの生成を促します。アンモニアは肝臓がエネルギーを産生するのを障害して、疲労を発生させるとされています。

オルニチンが増加すると、肝臓のオルニチンサイクルが活発化して、体内の毒素であるアンモニアが尿素へと解毒されます。アンモニアはアミノ酸の代謝が行われる、激しい運動などで生じますが、肝臓でオルニチンと反応することで無毒な尿素になります。

オルニチンサイクルは解毒作用を助けているだけでなく、活動で必要とされるエネルギーの産生するTCAサイクルを助ける効果もあります。TCAサイクルはアンモニアによって阻害されるので、オルニチンサイクルでアンモニアの分解を促すことで、エネルギーの産生もスムーズに行えるようになるのです。

また、オルニチンはアンモニア以外に、アルコールの毒素も代謝する働きがあり、肝機能の促進だけでなく、身体の不調を取り除いて健康な状態を保つ働きが亜オルニチンサイクルにはあります。オルニチンサイクルは、オルニチンが不足していれば機能しないので、普段から積極的なオルニチンの摂取が望まれます。