オルニチンとは

オルニチンの基礎知識

オルニチンとは

オルニチンはアミノ酸の一種である栄養素で、肝臓の働きを助ける事でしられています。アミノ酸というとタンパク質のもとになる物質で、人間の体を構成する最小単位とも言われています。

人間の体を構成するアミノ酸は、全部で20種類とされており、この20種類のアミノ酸の組み合わせによって、身体中の細胞は構成されています。オルニチンはこのアミノ酸の一種ではありますが、人間の身体を構成する必須アミノ酸ではなく、血液中に溶けこんで身体中をめぐる遊離アミノ酸に分類されます。

オルニチンはしじみをはじめ、まぐろやヒラメといった魚介類や、チーズ等からも摂取する事ができ、消化吸収されて血中に溶けて、筋肉や肝臓にはこばれて作用します。このオルニチンが注目されているのは、オルニチンに肝臓の働きを助けて解毒作用する効果がある事がしられている為です。

肝臓には毒素であるアンモニアを解毒して、尿素に分解して尿として排出させるという重要な働きがありますが、オルニチンはこの解毒作用を助ける働きがあるのです。 しかも、オルニチンには肝臓の解毒作用を促進する働きだけでなく、成長ホルモンの分泌を促す作用があり、ダイエット効果や筋肉や骨を丈夫にするよう促進する効果もあるとされています。

これまで、アルコールの毒素分解を促すとして、オルニチンは二日酔い解消に利用されてきましたが、様々な効果をもたらすことが判明したことで、美容や健康増進目的でも注目されています。