遊離アミノ酸とは

アミノ酸の基礎知識

遊離アミノ酸とは

人間の体を構成する細胞はタンパク質でできていますが、食事でタンパク質だけを摂取していれば十分であるという訳ではなく、タンパク質が分解して出来るアミノ酸も摂取する必要があります。

しかし、アミノ酸が不足してしまう事もあり、このような場合、必須アミノ酸に代わって、不足した分を補えるように貯蔵されているのが遊離アミノ酸です。遊離アミノ酸は、主に肝臓や筋肉に存在していますが、血液にのって体内を循環しており、身体のどこでアミノ酸が不足しても、すぐに補えるようにしています。

遊離アミノ酸は必須アミノ酸が不足すると、血中の他のアミノ酸をとりこんで代わりにタンパク質の材料になったり、逆に遊離アミノ酸が過剰になった場合は、余分なアミノ酸を排出する働きがあります。遊離アミノ酸には、オルニチンをはじめシトルリンといったアミノ酸があります。

遊離アミノ酸も不足しないように、普段から補っておく必要がありますが、遊離アミノ酸は食品にはほとんど含まれていないので、サプリメントを利用して上手に補っていくことが望まれます。

遊離アミノ酸は必須アミノ酸に比べて、あまり重要視されていませんが、不足しているアミノ酸の代わりになって機能する以外に、肝臓などの特定の臓器で、その機能を促進したりする作用もあります。遊離アミノ酸は、食品のうまみ成分としても知られており、椎茸や鰹節などの日本食独特の出汁のうまみは、遊離アミノ酸の働きです。