必須アミノ酸とは

アミノ酸の基礎知識

必須アミノ酸とは

必須アミノ酸とは、人間の体を構成しているタンパク質の材料となる20種類のアミノ酸です。しかし、この20種類のアミノ酸のうち、体内で合成する事ができるものは非必須アミノ酸としており、体内で合成することができない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といっています。

必須アミノ酸は食べ物やサプリメントから摂取しなくてはならず、1種類でも不足してしまうと、人体を構成する筋肉や血液、また骨といった組織を作る事が出来なくなってしまいます。身体の細胞は、新陳代謝によって古くなった細胞は、新しい細胞に生まれ変わっています。

アミノ酸が不足して新しく再生されないと、身体の細胞は衰えたままになってしまい、身体の老化の原因となってしまいます。

必須アミノ酸に対して非必須アミノ酸は、体内で合成が可能なアミノ酸であり、11種類のアミノ酸があります。必須アミノ酸も非必須アミノ酸もバランスよく摂取することが望まれます。不足してしまうのはよくありませんが、特定のアミノ酸だけを摂取に接収してバランスが崩れると、免疫力が低下してしまったり、タンパク質の異常によって体重が減少したり、肝機能に障害が発生する可能性もあります。

アミノ酸は、生物の細胞を構成する成分なので、動物性タンパク質や植物性タンパク質など、普段の食事でバランスよく摂取することが望ましいとされています。一般的に必須アミノ酸を含む食品は栄養価が高く、健康で若々しい身体である為にも、良質のアミノ酸を摂取するようにしましょう。