アミノ酸とは

アミノ酸の基礎知識

アミノ酸とは

アミノ酸とは、人間の細胞を構成するタンパク質の材料となる成分です。動物や植物などの細胞は、全てアミノ酸からタンパク質が構成されて出来ています。

アミノ酸は自然界に500種類以上ある事が発見されていますが、この中で人間の細胞を構成しているのは、わずか20種類のアミノ酸であることがわかっています。この20種類のアミノ酸は、人体で合成出来るものもあれば、外部から摂取しないと補うコトができないものもあります。

外部から補う必要がある9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といい、残りの人体で合成が可能な11種類を非必須アミノ酸と区別しています。必須アミノ酸は食事などで補わないと、不足してしまいタンパク質合成に大きな影響を与える事になります。

この為、アミノ酸サプリメントでは人体内で合成出来ない必須アミノ酸を、特に注意しrて摂取する必要があります。ただし、非必須アミノ酸は人体で合成できるとしても、体内での合成が不十分な場合は、食品やサプリメントで補う必要があります。

人の体を構成しているアミノ酸は、わずか20種類のアミノ酸ですが、アミノ酸が一種類でも不足すると、身体の細胞を生成するのに必要な組み合わせができず、細胞の新陳代謝を行うことができずに肌の老化や、身体の各機能の低下を招きます。 また、人体のタンパク質を構成しているアミノ酸は20種類ですが、人体で働いているアミノ酸は他にも様々に存在しており、20種類のアミノ酸に対して遊離アミノ酸と区別しています。